ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務住民課 > マイナンバーカードの健康保険証利用について

マイナンバーカードの健康保険証利用について

印刷用ページを表示する更新日:2022年2月15日更新 <外部リンク>

マイナンバーカードが健康保険証として使えます

一部の医療機関・薬局などでマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました。

利用には事前に登録が必要です。

また、必要機器が導入されいていない医療機関・薬局などでは従来どおり健康保険証の提示が必要になります。

各種医療助成券(重度心身障害者医療費助成受給券など)をお持ちの方は、これまでどおり医療機関等の窓口にご提示ください。

 

事前の登録方法

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナポータル(※)で事前登録が必要です。

(※)マイナポータルとは、政府が運営するオンライン窓口です。行政からのお知らせを確認できたり、行政手続の検索やオンライン申請ができたりする自分専用のサイトのことです。
 

登録方法についてはマイナポータルのトップページをご参照ください。

◆マイナポータルのトップページ

http://myna.go.jp/html/hokenshoriyou_top.htm<外部リンク>

 

 

健康保険利用に対応した医療機関・薬局はどうしたらわかるか?

健康保険証として利用できる医療機関・薬局は以下の厚生労働省ホームページからご確認ください。

※利用できる医療機関・薬局は順次拡大される予定です。

 

◆厚生労働省ホームページ「マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機器・薬局についてのお知らせ」

https://www.mhlw.go.jp/stf/index_16743.html<外部リンク>

 

 

健康保険証としての利用について

マイナンバーカードの健康保険証としての利用により

・マイナポータルで自分の特定健診の情報や今まで使った薬剤の情報、医療費情報が閲覧できる。

・確定申告の医療費控除の入力が簡単になる。

・引っ越し、就職、転職しても健康保険証としてずっと使える。(保険者への加入の手続きは引き続き必要)

・限度額適用認定証がなくても限度額を超える支払いが免除になる。

・本人が同意すれば、初めての医療機関でも特定健診の情報や薬剤情報が医師等と共有でき、より適切な医療が受けられる。

など、メリットがあります。

 

詳細は以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。

◆厚生労働省ホームページ「マイナンバーカードの健康保険証利用について」

http://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html<外部リンク>

 

 

長柄町ではマイナンバーカードをご希望の方に、申請のお手伝いをしています。

問い合わせ先にご連絡ください。