ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子ども医療

印刷用ページを表示する更新日:2018年1月24日更新 <外部リンク>

子ども医療費助成制度について

対象年齢長柄町に住所がある 0歳~中学3年生
助成の対象となる医療入院・通院・調剤
助成内容交付されている受給券と健康保険証を医療機関窓口に掲示すると自己負担分の支払いが免除されます。
申請方法長柄町に転入した場合や、新たにお子さんが生まれた場合の届出の際に健康福祉課に下記書類を提出し、受給券の申請をしてください。(再発行の手続きも同じです。)
必要なもの
  1. 子ども医療費助成申請書(健康福祉班窓口に用意してあります)
  2. お子さんの健康保険証の写し
  3. 認印
  4. 直近の1月1日に住民登録がなかった方は、住民登録のあった市町村にて発行された所得証明書または非課税証明書
申請期間出生および転入日より2週間以内
制度の対象とならない医療費
  • 保険適用外の医療費(予防接種、薬の容器代、診断書等の文書料等)
  • 学校管理下での負傷または疾病で独立行政法人日本スポーツ振興 センターの災害共済給付の対象となる医療費
  • 育成医療等の公費医療制度が適用される医療費
その他注意事項(1)払い戻しを受けた子ども医療費助成額について、所得税の確定申告における医療費控除で「生命保険や社会保険などで補てんされる金額」に相当しますのでご注意ください。
(2)提出していただいた領収書はお返ししませんので、必要なかたはコピーを取っておいてください。
(3)発行された受給券は、紛失しないようお願いします。紛失された場合は、お子さんの健康保険証をお持ちのうえ、再発行の手続きをしてください。

子供医療費助成対象が高校3年生まで拡大されました。

新たに助成する内容
対象年齢長柄町に住所がある 高校1年生から3年生まで
助成の対象となる医療入院・通院・調剤
助成内容医療期間(保険調剤薬局、接骨院等を含む)で患者負担金を一旦支払い、その領収書を添えて役場健康福祉課窓口に「償還払い」の申請をすることで、 いったん医療機関に支払った金額が指定された口座に振り込まれます。
必要なもの
  1. 学生証(高校生、各種学生の方のみ)コピー
  2. 領収書原本   
  3. 子どもの健康保険証コピー
  4. 認印
  5. 銀行等の口座番号のわかるもの
申請期間領収書の日付(平成27年4月1日~)から2年間
制度の対象とならない医療費
  • 保険適用外の医療費(予防接種、薬の容器代、診断書等の文書料等)
  • 夜間における救急医療機関及び、各医療機関における診療時間外の医療費(休日・在宅当番医を含む)
  • 学校管理下での負傷または疾病で独立行政法人日本スポーツ振興 センターの災害共済給付の対象となる医療費
  • 育成医療等の公費医療制度が適用される医療費
その他注意事項(1)払い戻しを受けた子ども医療費助成額について、所得税の確定申告における医療費控除で「生命保険や社会保険などで補てんされる金額」に相当しますのでご注意ください。
(2)提出していただいた領収書はお返ししませんので、必要なかたはコピーを取っておいてください。

ご不明な点がありましたら、下記担当までお問い合わせください。