ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町の紹介

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月7日更新 <外部リンク>

地勢

房総半島のほぼ中央部、長生郡の西端に位置し、北西部は台地帯で市原市に、南部はやや平坦地で長南町、東部は茂原市に接しています。
地質は第4紀古層に属し、中央に権現森(173m)が隆起しており、北西部は成田群層の火山灰土で山林、畑地がその大半を占め太平洋・東京湾の分水嶺となっています。
南部は沖積層及び鶴舞群層に属し、水田を主とした地域で一宮川の上流をなしています。

沿革

昭和30年4月29日長柄村、日吉村、水上村の3村が合併し、長柄町として発足しました。これに先立ち旧水上村のうち大字深沢及び笠森は同年4月1日、地理的条件から分離して長南町に合併。
これにより合併の大字は26、集落は44となり庁舎を旧長柄村役場におきました。
その後昭和38年庁舎を現在地に新築したので、2ヵ所にあった出張所(日吉・水上)を廃止しました。

歴史

房総半島のほぼ中央部の丘陵地の位置する山紫水明の町で、古くから人が住み、旧石器時代の石器、縄文土器の出土する遺跡や全国的にも珍しい高壇式の横穴墓が分布しています。
また豊富な地下水は水源地として昭和17年に茂原海軍航空基地へ送水以来、昭和21年以後茂原市一帯の水瓶役を果してきました。
昭和60年アース式ダムとしては日本で最大級の長柄ダムが完成。長生郡市他周辺地域一帯の水源として大切な役目を果しています。

町内の指定文化財町内の埋蔵文化財歴代の町長等 [PDFファイル/106KB]

町民憲章

わたくしたちはこの恵まれた自然と由緒ある伝統をもつふるさとを愛し、調和のとれた豊かな町として限りない発展を目指しています。

1.わたくしたちは自然を大切にし清潔で美しい町をつくりましょう。
1.わたくしたちは伝統を尊び教養をつみ文化の香り高い町をつくりましょう。
1.わたくしたちは創意と工夫をもって仕事に励み豊かな町をつくりましょう。
1.わたくしたちはきまりを守りお互いに助け合い住みよい町をつくりましょう。
1.わたくしたちは生きがいを求めて心身をみがき健康で明るい町をつくりましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)