ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設環境課 > 放射線量測定を行いました

放射線量測定を行いました

印刷用ページを表示する更新日:2018年1月12日更新 <外部リンク>

長柄町の放射線量についてお知らせします

東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故にともなう放射能に対する不安が高まっている状況を踏まえ、
平成23年5月26日から町内学校施設等の大気中における放射線量の測定を行っています。
この測定は今後も定期的に実施する予定です。

放射線量測定結果

測定機器:日立アロカメディカル株式会社製 エネルギー補償形γ線用
       シンチレーションサーベイメーター TCS-172B
測定日及び天候:平成29年12月27日晴れ

測定地点名測定値(μSv/h)地面の形状
0.5m1.0m
長柄町鴇谷879-3
ながらこども園
0.033μSv/h0.033μSv/h
長柄町山根1619
長柄小学校
0.034μSv/h0.032μSv/h
長柄町長富101
日吉小学校
0.036μSv/h0.038μSv/h
長柄町大津倉220
旧水上小学校
0.048μSv/h0.042μSv/h
長柄町山根1500
長柄中学校
0.040μSv/h0.042μSv/h
長柄町刑部5
梅乃木荘脇バスロータリー
0.048μSv/h0.048μSv/hアスファルト
長柄町山之郷70-21
都市農村交流センター 長柄町営プール
アスファルト

過去の放射線量測定結果

参考

  1. 文部科学省は、学校での屋外活動を制限する放射線量の目安を年間の累積で20ミリシーベルト以下としながらも、当面年間1ミリシーベルト以下を目指すとしています。
  2. 1ミリシーベルト=1,000マイクロシーベルト
  3. 年間1ミリシーベルトは、1時間あたりに換算すると0.114マイクロシーベルト/時となります。
  4. 国や県などが行っているモニタリングポストでの測定とは、機種の種類・精度や測定高さの違いなどにより比較はできませんのでご了承ください。