ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 長柄町と大塚製薬株式会社、社会貢献協定を締結

長柄町と大塚製薬株式会社、社会貢献協定を締結

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月14日更新 <外部リンク>

長柄町(町長 清田勝利)と大塚製薬株式会社(本社 東京都、代表取締役社長 井上眞)は、本日長柄町役場において、下記記載(要旨)のとおり社会貢献協定を締結しましたのでお知らせします。

○ 長柄町では、新たな公的サービスの担い手と期待されるNPOや企業など多様な主体が互いに協力し、ともに支え合う「共助社会づくり」を進めています。
○ このたび長柄町は、こうした共助社会の実現に向けて、大塚製薬株式会社と社会貢献に関する包括連携協定を締結することとしましたので、お知らせします。
○ 大塚製薬株式会社は、栄養飲料品や医薬品事業を展開しています。全国的に『熱中症対策』や『生活習慣病予防』、『朝食欠食ゼロ活動』『健康経営』の啓発活動などに取り組んでいます。
○ この協定に基づき、熱中症対策をはじめとした、同社が持つ知見やノウハウを活かし、町民の健康づくりやスポーツの振興、青少年の育成等による地域活性化などの取組みを協働で展開します。

○ 今回の協定事項は、次の4事項です。

 (1) 町民の健康づくりや食育の推進に関すること

 (2) スポーツの振興、青少年の育成や教育の推進に関すること

 (3) 災害時における被災者への貢献や協力に関すること

 (4) その他、長柄町が事業展開する企画等への参画

○ 今後、上記4事項のほか、町と大塚製薬双方の強みを活かした取組みや活動を協働で実施していく予定です。

オロナイン軟膏、オロナミンC、ポカリスエット、カロリーメイトなど数々のヒット商品で広く知られる大塚グループの中核企業である強みを活かし、住民の健康づくり、スポーツの振興等の取り組みで社会貢献を行っている大塚製薬株式会社と、町民ひとりひとりが健康寿命を増進し、住み慣れた場所で永く安心して暮らしていける、「生涯活躍のまち」づくりに取り組む長柄町との思いが合致し、今回の協定締結に至りました。
同社は、社会貢献活動に熱心に取り組んでおり、昨年10月25日に本町に甚大な被害をもたらした「10月25日豪雨災害」では、ポカリスエットやカロリーメイトをいち早く寄付していただいております。

今後、両者で提携の具現化に向けて協議を進めてまいります。

社会貢献協定締結

協定を締結した、大塚製薬株式会社 ニュートラシューティカルズ事業部東京支店長 池内呉郎 様(写真右)と長柄町長 清田勝利(写真左)

※ニュートラシューティカルズ(Nutraceuticals)・・・栄養(Nutrition)と医薬品(Pharmaceuticals)を併せた造語で、医療関連分野にノウハウを活かし、科学的根拠に基づく独創的かつニーズにマッチした製品を開発していくことで製品価値を高め、新しい市場を作り出していく大塚製薬株式会社の事業展開を表しています。