ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康保険課 > 高齢者の予防接種

本文

高齢者の予防接種

更新日:2024年7月1日更新 印刷ページ表示

高齢者肺炎球菌予防接種

 対象の年齢になられた方へ予診票を送付します。接種を希望される方は、予診票と一緒に送付される説明書をよく読み、実施医療機関に予約の上、期間内に接種を受けられますようお願いします。

 高齢者肺炎球菌予防接種に関する説明書 [PDFファイル/125KB]

実施医療機関

令和6年度 高齢者肺炎球菌予防接種契約医療機関一覧 [PDFファイル/205KB]

一覧に記載がある医療機関以外で接種を希望される場合は、事前に健康保険課へご相談いただき、接種可能であることを確認してから予約をお願いします。

対象者

1 65歳の方(65歳の誕生日の前日から66歳の誕生日の前日まで)
2 60~64歳で、心臓や腎臓、呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活を極度に制限される方
3 60~64歳で、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

※助成は生涯で1回のみです。
※過去に肺炎球菌ワクチン(23価・ニューモバックス)の予防接種を受けたことがある方は、対象となりません。
65歳以上の方への経過措置および任意接種の費用助成は、令和6年3月31日で終了しました。

助成額

3,000 円(上限) 生活保護受給者は接種に要した費用の全額


※医療機関が定めた接種料金から 3,000 円を差し引いた金額を医療機関の窓口でお支払いください。(接種料金は医療機関により異なりますので、直接医療機関にお問い合わせください。)
※接種を見合わせた時の費用(予診料等)は、ご本人の負担となります。 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)