ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設環境課 > 不用になったスプレー缶・カセットボンベの排出方法について

不用になったスプレー缶・カセットボンベの排出方法について

印刷用ページを表示する更新日:2018年12月21日更新 <外部リンク>

平成30年12月16日に札幌市内でスプレー缶の爆発事故が発生しました。
家庭内で不用になったスプレー缶・カセットボンベの排出方法については以下の手順
でお願いします。

中身を使い切り穴は開けない

スプレー缶やカセットボンベに穴を開けるなどしてガスを抜く作業を室内等で行うことは、危険を伴いますので絶対に行わないでください。

資源ゴミの日に「スプレー缶・カセットボンベ専用ネット袋」(黄色)に入れて出す

排出方法が平成29年4月より不燃ゴミから資源ゴミへ変更されています。
なお、穴を開けてしまった場合でも資源ゴミで出してください。

 

※中身の使い切れないスプレー缶・カセットボンベ缶についてはお問合せ下さい。

 

【お問合せ先】

長生郡市広域市町村圏組合 環境衛生課    0475-23-4944